メインディッシュの勘違い

イタリアンのメインディッシュがパスタやピザかと思っていた人が多いと思います。
しかしイタリアンのメインディッシュはお肉料理や魚料理になるんです。

日本人であれば、お米(炭水化物)とおかずを一緒に食べる風習がありますよね。
もっといっちゃえば、全ての料理をテーブルの上に並べて同時に食べるという風習が普通だと思います。

でもイタリアンは一品ずつ順番に出てくるんですね。
しかもある程度の順番が決まっているという…これは一番美味しいタイミングで食事を出せるからだそうです。
例えば前菜を出している間にパスタを茹でる、ピザを焼く。
そうすると食べてる側が一番美味しいタイミングで待たずに食べれるという。
料理はシンプルで豪快ですが、タイミングなどはなぜか拘るイタリア人なのであります(笑)。

そして、メインディッシュは肉か魚料理になりますが、大体のお店はどちらかを選べるところが多いです。
もちろん両方出してくれるところもありますが、炭水化物の後に2つというのはけっこうお腹一杯じゃないですか?
食べ終わる頃に次の料理が出てくるという食べ方、これかなりお腹いっぱいになるんですよ。

別に食べきらなくても良いんですけどね、そこはあまり気になさらずに。

もちろんその後のお口直しとしてデザートもあります。
ここでティラミスなど出てきたら食べれない!!という方いると思います…そんな事はありません。

デザートは別腹で必ずいけるはずですから(笑)。

コントルノの存在基本的なコース料理